猫の爪とぎ板は、自宅に複数は設置しよう

自宅で飼う場合、何と言っても問題になるのが爪とぎです。家具や壁や木の机など、いたるところで爪を研ぎ始めます。見てみるとあちこち傷だらけ、猫の本能がそうさせるのでこれは仕方の無いことです。そういう時には猫の爪とぎ専用の木を用意して、そこで研いでもらうように「しつけ」をしましょう。
20161018-1

猫の爪はお手入れが必要

猫の爪は人間と同じように伸びてきますので、定期的にお手入れをする必要があります。お手入れには猫が自分で行う「爪とぎ」と、飼い主や病院・ペット専門のところで行ってもらう「爪切り」があります。

外をよく歩く外猫の場合は、歩く距離も多く外で爪を研ぐので消耗が激しいです。しかし家の中で飼う猫は消耗しませんので、定期的にお手入れしなければなりません。伸びてくると人間も気持ち悪くなったり巻いてきたりとよくありません。伸びれば伸びるほど家具や家に傷をつけるばかりか、他の猫や人間に傷を負わせてしまう可能性もあります。

伸びてくれば毛やカーペット・カーテンなどに引っかかるので、血が出たり最悪の場合剥がれてしまったりと痛い目にあいます。

猫に選ばせてあげる爪とぎ機

爪を研ぐ物といってもいくつか種類があります。ダンボール製で出来た爪とぎ板や、丸まった円柱の麻製のもの、木製の板のようなものなど。野生の猫は身近にある木で爪を研いでいましたから、木製は好きな猫も多いです。

どれが良いかというのは猫によっても異なりますので、実際にいくつか購入して試してみましょう。とぎカスが出るので、あまり汚れるのは使いたくないというのは飼い主の心情ですが、猫のストレスにも影響してきますので猫に選ばせてあげましょう。

設置場所は猫が落ち着く場所に

爪とぎ機は、猫がご飯を食べたりするところや日々ガリガリしている場所、リラックスして眠れるような場所を選んであげましょう。ここで爪を研ぐというのを「しつけ」てください、そうすることによって次第にその場所以外ではしなくなります。

子猫のうちは教えてあげる

前足を持ってココでこんな感じで爪を研ごう!と子供に教えるような感じで、ガリガリと一緒に手を持って教えてあげましょう。そうすると自分の匂いがつきマーキングしたことにもなりますので、自然とそれを安心して使うようになります。

ボロボロになったら交換してあげて

爪とぎ機がボロボロになってきたら、交換してあげましょう。もうこんなので研げないよとなると、今度は壁や木を探して研ぎだすかもしれません。飽きさせないように、研ぎやすいように定期的に変更してあげるようにしましょう。

縦に置いたり横に置いたり、猫が研ぎやすいようにいろいろ試行錯誤をしましょう。革製品のソファーが近くにあったら、匂いがいいのか物が良いのか一瞬でボロボロにされる可能性もあります。爪とぎをしたいと思ったら、すぐに研げるよう自宅の複数の箇所に設置しましょう。

爪とぎを減らすには爪切りをしよう

猫専用の爪切りがありますし、獣医さんで切ってもらうことも出来ます。血管部分を切らないように小まめに切ってあげると、爪とぎの頻度も減ります。万が一爪を研いではいけない場所で研いでも、最低限の傷で済みますので定期的に切ってあげましょう。爪きりが苦手な子用の、補助するもふもふマスクなども売っています。

他にも爪とぎしてほしくないところへ、爪とぎ防止スプレーをかけたり壁を守る為にその上から丈夫な壁紙を貼って対策をする手もあります。特に爪が引っかからないタイプの壁紙にすると、猫は興味を示さなくなります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です