猫のトイレは家に複数設置しよう、トイレで寝るのは病気のサインか?

人間でも1階と2階にトイレがあれば便利ですよね。とくに掃除がまめに出来ない場合は、複数設置することで汚れを分散させることが出来ます。どのようなトイレをどのような形で設置すればよいのでしょうか。
20161024-1

猫のトイレについて

猫のトイレを設置する前に、猫とトイレについて考えてみましょう。元々猫は遺伝的に砂の上で、おしっこやうんちの排尿するという事が染み付いています。ですので覚えてしまうと、次からはきちんとそこでトイレをするようになっています。トイレでしない猫には、きちんとトイレでするものだとトイレトレーニングを教え込みましょう。床をクンクン嗅いだり、うろうろしだすとトイレのサインです。

野良猫が多い地域で公園の砂場でトイレとして使っているのは、砂があるからというのが理由です。猫を外に離して外の公園や草むらなどでトイレをさせると、衛生的に悪く寄生虫などの危険性もあります。トイレは外でということはやめておきましょう。

猫のトイレの場所と大きさ

トイレの場所で1番よいのが、人通りの少ない場所で落ち着けるところです。人間でも見られると嫌なものですが、猫の場合は見られる位置にすることが大事です。というのも、トイレの仕方1つとっても気付かされることがあります。それは習性であったり、病気の前兆であったりと猫の健康管理はトイレで分かるといっても過言ではありません。

飼い主が見ることの出来る視界に入る位置に、トイレは設置するようにしましょう。あまりにも遠いと健康状態も分からないし、猫が我慢してしまう可能性があります。

猫のトイレを買おうと思ってペットショップやネットショップを見てみると、様々な種類のものが存在します。箱型・ドーム型・システム型など入りやすかったり、猫砂がこぼれにくかったり、飛び散らなかったりと猫が使いやすいのを選んであげてください。どれを選ぶ際も、猫が中で向きを変えられる様に大きめなのを選びましょう。理想は猫の1.5倍位の大きさです。

猫砂は種類がかなり多い

猫砂は種類がとても増えてきています。お茶でニオイをとる砂や、紙の猫砂、鉱物の猫砂、色が変わる猫砂、トイレに流せることが出来る木製猫砂、おから砂や再生パルプが使っていたりと様々です。自分の猫の好みがどれかは買ってみて使用しないと分かりません。

どれを買ってもいえることですが、新しいトイレを作った場合は猫の尿の匂いや、いつもの砂やシートを入れておきましょう。そうすることで新しいトイレに慣れることが早くなります。

固まりやすさはどれくらいか、散らかりやすさはどの程度か、運びやすく捨てやすいかなどよく考えて何種類か試して見ましょう。

猫のトイレにはトイレシートを使う手も

猫砂を使わずにトイレにシート(トイレマットの場合も)を敷く方法もあります。脱水性と吸収性に優れているのが特徴で、以前は犬が主流に使っていましたが猫用が増えてきました。

軽くてゴミが出ないので扱いやすく、猫砂の匂いがありません。しかし引っかいたりするとボロボロになり、トイレをしたものが体についてしまう可能性もあるので注意が必要です。慣れない猫の為に猫砂と併用したりする方もいますので、変更する場合は徐々に変えるように、決して焦らせないようにしてください。

猫と人間用トイレ

猫と人間のトイレの場所は分けるようにしましょう。人間用で使わせると危ないですし、トイレットペーパーで遊ぶのが好きなので滅茶苦茶になります。トイレについてくる猫がいますが、それはマーキングをしたり甘えたりしたいことで、トイレの前で鳴くのは「開けて」という合図です。

猫がトイレで寝る場合は病気なのか?

子猫に多いのが猫がトイレで寝てしまうことです。これにはいくつか理由があります。1つ目が「トイレだと認識していない」ことです。トイレをしつけている最中や、ここはトイレをする場所だと教え切れていないのが原因です。

2つ目は「部屋の温度管理が出来ていない」ことが原因です。部屋が暑すぎるとトイレのシーツなどでひんやりする為、そこで気持ちよくなり寝てしまいます。暑い寒いは言いませんので、適温になるように常に温度計に目を通しましょう。

3つ目は「ストレスを抱えている」ということです。トイレは落ち着く場であり、周囲がうるさかったり休めない場合はストレスになります。そこで落ち着く場所のトイレで、仕方なく寝てしまうというものです。

3種類説明しましたが、どれになるにせよあまりいい状態とはいえません。基本的には病気ではなく、飼い主側の責任でそうなってしまうことが多いということは覚えておいてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です