外に興味があっても出させない、猫を脱走させないためには?

猫は様々な物事や場所に興味を持っています。室内で窓を見て外を眺めることが好きな猫が多いのはその為で、鳥や人間が通ったりしているのをジーッと見ています。しかし外には危険が多く、事故や感染症やトラブル・行方不明になったりと出さない工夫が必要です。
20161106-1

猫は家が嫌だから脱走するの?

猫はなぜ脱走しようとするのでしょうか。これは猫が非常に物事に興味深い生き物であって、自宅がつまらない・嫌だということではありません。家は好きだけど、外も興味があるということがほとんどです。

その対策は甘い、猫は頭の移動物

ここに柵を設置しておけば「大丈夫」、このドアは「開けられない」だろう、「入ってくるわけ」が無い、そう思っていると危険です。猫はとてもジャンプ力が高く、ドアを考えてドアノブを回したり、ありとあらゆる方法を試してみて対策をすり抜けてきます。隙間が大好きでほんの僅かな隙に、「隙あり!」といわんばかりに飛び込んできます。

空気の入れ替えをしようと、窓を開けた隙に脱走した猫もいます。必ず脱走防止に対する措置を施し、専用のアイテムを買うかDIYで日曜大工で自作するなどし、鉄壁のディフェンスを施しましょう。

猫が脱走しやすい特に危険な箇所は?

では猫はどこから脱走するのでしょうか。多いのは「玄関」「」「」「ベランダ」です。柵をしても飛び越えたり、網戸も開けたりと猫はとても頭のいい動物です。手先も器用で、一瞬の隙も見逃しません。「ただいま~」と飼い主がドアを開けた瞬間、「今だ!」と脱走を図るケースもあります。

玄関の脱走対策

猫は飼い主の帰宅をいち早く察知します。「待っていてくれたんだ!」と思うのも束の間、一瞬で脱走します。

対策として有効なのは「」です。しかし犬のように高さが60センチ位あれば大丈夫だろうと考えてはいけません、ビックリするほどの跳躍力でいとも簡単に超えてきます。上から下まで全面に柵というか網を施すのが良いとされています。

しかし横も縦も全面に柵・網を設置すると不便で仕方がありません。そんな時は折り畳みが出来るものや、開閉が楽なものを選びましょう。

 

脱走防止に開閉が出来て、スライドさせたりすることが出来ます。もちろん玄関だけでなく、火を使うキッチンへの侵入を防ぐ為にも有効です

 

シルエットで透けていて見る事ができたり、ロック機能が付いているものも安心です。外からの目隠し効果もありますし、乳幼児の部屋への侵入防止にも使えます。

2重扉や補助鍵(カギ)としての役割を担うことも出来、猫用だけでなく自宅自体のセキュリティーの向上にも繋がります。

猫の窓・網戸・ベランダからの脱走防止

自宅にいるときも窓を見ている猫は多く、興味深く外の動物や人を観察しています。特にキャットタワーなど、高いものを設置していると窓の上から見下ろす形になり、猫も快適です。

 

こういったものを窓につけると、網戸をよじ登ったり網戸を引っかいて破かれる心配も減ります。スチールのネットも重ねられるので、窓のサイズに幅があっても合わせることが出来ます。

ベランダから、特に1階の場合でこういった対策を取られている方もいます。マンションの管理組合にも許可をもらったり、日中でもキャットドアを設置すればお日様の日に当たらせることもできたりします。
20161106-2
出典:マンション1階からの猫脱走防止策

優先すべきは猫の安全と命です

20161106-3
出典:簡単な脱走防止対策(小窓)07

専門業者でなくてもDIYを使ったり、アイテムを購入して取り付けることで自分で対策をすることが可能です。猫が外へ出れなくて可愛そうだとか、ションボリしていても優先すべきことは猫の「安全」と「」です。猫と幸せに暮らすためにも、脱走防止対策は念入りにし、手を抜かずに対策を立てましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です