猫が毛玉を吐く姿が苦しそう、何か良い方法は無いのかな

猫は手や体を舐めていて毛づくろいをする動物です。舐めていると毛が口の中に入ってしまうので、毛玉を吐き出すわけですが中々吐けないのか苦しそうにしているときがあります。あまり猫に負担をかけないで出させたいのですが、何か良い方法は無いのでしょうか。
20161117-1

毛玉を出す方法は上からか下からか

口から出す場合は毛玉を吐き出します。下から出す場合は、便意と一緒に出していきます。どちらが多く排出されるのかは猫によって異なります。中々毛玉を吐くことが出来ない、吐かない場合はその原因と対策を健闘する必要があります。便秘になっていたり、下痢になったりと餌のフードや飲んでいる薬の種類によっても異なるようです。

猫の毛玉吐きは、はじめて見ると驚く

猫を飼い始めた頃の毛玉吐きを見て驚かれた方の感想を聞くと、このように話してくれました。

猫を飼っていて初めて「毛玉を吐く」場面を見た人は分かるでしょうが、あれって大丈夫とは思っていても、こちらとしてはすごく驚きますし、心配になります。

何かの拍子にいきなり苦し気にのたうちまわり、「毛玉が詰まったので今から吐き出すな」と、分かってしまいます。例えばこれが人間の場合は、口の前に受け皿を持っていくとひとまず安心です。しかし猫はそんなの関係なく、動き回って吐き出せる、「今だ!」という瞬間にその場で出してしまいます。仕事から帰宅した時に、床に大きな毛の固まりが落ちていたりして、思わず「うわっ」と声に出して驚くこともあります。

確かに家の中で大きな毛の固まりが落ちていたら、暗闇だと不審物に見えて焦ります。出したら出したよ、と人間のように言ってくれれば身構えることもできるのですが・・・。

猫草が原因で口から吐き出しやすくなる?

聞いてみると猫草を食べた後に、吐くことが多いそうです。

どうもうちの場合に限ってですが、猫草を食べるとその後に刺激になってからか、よく吐くということが分かってきました。本来吐き出させるための草なので、それはそれで構いませんがやはり上から吐き出す時は苦しそうです。

 

 

何とかしてなるべく下から出させた方が楽なのではないかと思い、猫草を置くのは思い切って止めてみました。食べるカリカリを、毛玉ケア専用のものに変えてみました。そうすると吐き気をもよおす回数も減り、どうやらウンチと一緒に毛玉が少しずつ出せているようでした。上から出させるよりは、日々の食事と一緒に下から出る方が苦しくなさそうです。

ブラッシングはこまめにしよう

定期的にブラッシングを猫にしてあげることにより、抜け毛を予め整理させることができます。その対策は既にされていました。

あとは猫って自分で毛を舐めることで、体を綺麗にしますよね。この時に抜け毛を食べてしまわないように、ブラッシングをこまめにしています。そうすることで少しでも抜け毛を取ってやるようにしています。人間が触ると嫌がる猫でしたが、ブラッシングの場合は気持ちいいのか、おとなしくしていました。このケアとしてははすごく楽だったのが救いです。

ブラシングも嫌がる猫と、喜ぶ猫がいます。小さい猫の時から少しずつ慣れさせることで、大人になっても嫌がりません。どうしてもブラッシングをしつけれてなかった場合は、成猫になってからでも遅くは無いのでブラッシングしてあげましょう。

どうしてもブラッシングが嫌だ!という猫の場合は、子供と同じ方法です。おやつをあげたり、意識を他にそらす作戦でいきましょう。

最近では病院で薬を処方してもらうことで、毛玉を便から出しやすくする栄養補助食品なんかもあるそうです。上と下から猫に負担がかからないように、ブラッシングや食べ物にも気を使ってあげましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です