猫が布団へ粗相をするのは匂いが残るから?

猫を飼っていると布団が好きなようで、布団におしっこや布団にうんちをします。ふとんで寝たり布団を「ふみふみ」するのなら可愛いものです。噛むことや吸うこともまだいいとしても、粗相となると洗濯が大変です。20161123-1

猫が粗相をするの理由がある?

猫が粗相をするのはなぜでしょうか。それにはいくつか理由があります。

しつけの問題
病気の問題
・かまってほしいからわざと
膀胱炎を起こしている

膀胱炎は細菌に感染して起こる病気で、炎症を起こしているので治療が必要です。オスよりメスのほうが尿道が太いため、かかる可能性が高いと言われています。この場合は、動物病院でお医者さんに診てもらい、抗生物質などを投与してもらいましょう。

生後半年の猫が粗相をして困っている

生後半年の猫を飼っている方に聞くと、布団への粗相で困ったと言われていたので症状を聞いてみました。

生後半年程の「子猫」と「成猫」を飼育しています。困りごとがありそれは、「お布団への粗相」です。

夜中に近くの「コインランドリー」へ駆け込んで洗濯していました。しかし次の日の夜には、再度布団に粗相をされるという状態で、人間がナーバスになっていました。

こまめにトイレを洗ってトイレ覚えの洗剤も試したが・・・

本格的に対策をしようと思い、まずはトイレをこまめに掃除しました。猫が粗相を繰り返すので、掃除の際に砂を変えるだけではなく、トレーごと綺麗に洗って乾かし、新しい猫砂を投入しました。そして更に市販で売っている、トイレを覚えさせる為の液剤も使用しました。

その後暫くは効果があったのか、粗相が無くなりました。平和に過していたのですが、また夜中に粗相されてしまい、別の方法を試すことにしました。

この方法でも効果はありますが、猫によって、環境によっては別の方法が効果的な場合があります。

重曹やクエン酸を使う

まずは浴室(お風呂場)に行き、で粗相された場所に熱湯をかけ踏み洗いします。重曹で更に踏み洗いをするという方法ですが、労力がいるのでこの方法は取りませんでしたが重い腰を上げて試してみました。

次の日に、実践してみると「におい」は我々人間には取れたように感じました。しかし相手は人間よりも「嗅覚」が良い猫です。念には念を入れるという事で、漂白剤を薄めた液もスプレーしておきました。

そうするとどうでしょうか、その日からパッタリと粗相が無くなりました。労力は結構かかりますが、嗅覚の良い猫相手です。粗相された場所の「におい」を徹底的に取らない事には、粗相の改善は難しいようでした。

今も粗相されるのが怖いので、時々漂白剤を薄めた液剤を布団にスプレーしてます。あまりやりすぎると、色落ちする場合があるので注意が必要です。最近ではクエン酸も使用しています、これはトイレ以外での粗相にも使えるので効果的です。中々取れない猫のトイレ掃除に使うと、綺麗に汚れが落ちます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です