猫の爪とぎは、床ではなく壁の爪とぎマットに誘導しよう

猫は家中の様々な場所で爪を研ごうとします。それは壁であったり、床であったり、柱や机やソファーなど、猫の習性で仕方ないと諦めるのではなく誘導して防ぎましょう。実際に誘導した方の話を聞くと、ヒントが見えてきます。

20161018-1

誘導する前の家は傷だらけ?

我が家で猫を飼い始めてからというもの、爪研ぎによる被害に悩まされていました。猫がしょっちゅう爪研ぎをするせいで、家のドアの端や壁紙をはじめ、カーペットやソファー等はボロボロになり、傷が酷いので家具は何回か買い替えました。しかし、壁や床はそう簡単に取り替えるわけにはいきません。お金も家具とは違い、かかってくる費用や手間も異なります。

爪とぎを何とかしようと取り組んだ対策

家になるべく傷がつかないようにと、1番始めに取り組んだのは猫の「爪切り」をこまめに行うことでした。しかし短すぎてもダメですし、すぐに伸びてきて爪とぎをし始めてしまいます。

次に取り組んだのは「爪研ぎマット」を買って置きましたが、効果は無く毎日のように家の中で爪を研いでは傷つけられていました。

たまたま見つけた便利アイテムで、猫の爪研ぎ防止のための「爪のキャップ」をつけたこともありました。しかし、うちの猫の爪が「細い」せいか、1日で取れてどこかになくしてしまいました。何の為に買ったのやら・・・。

そして、最終的に行き着いた方法ですが、爪研ぎをする場所に爪研ぎマットを「貼り付ける」ことでした。

爪とぎマットを貼り付けるとは?

爪研ぎを頻繁にする「壁」自身に爪研ぎマットを貼り付けたり、爪を研ぐ家具にもマットを貼り付けたりしました。他にも、壁やドアの「ここは猫が引っかきそうだな」と思う所には、その上から「廃材」(もしくはダンボール等)を貼りました。

 

すると、猫は貼り付けている「爪研ぎマット」や「廃材」で爪を研ぐようになりました。狙い通りで、家具や壁やドアに対して引っかくことはなくなりました。

ポイントは猫をマットへ誘導すること

マットを床に設置するのではなく、普段ひっかいている壁や机に設置すると、意識的に誘導させることが出来るようになります。そうすることで、その他の場所へのダメージが減るのです。

家の中のあちこちに「爪研ぎマット」が増えるので、壁に貼られる板が少し浮いて見えるというデメリットはあります。しかし、家の中があちこちボロボロになるよりは取り外し可能なものが傷ついた方がまだ良いと思い、その対策をしています。

爪研ぎマットという存在は、猫が常にそこで研いでくれるよう誘導するものであり、頻繁に新しいものに取り替えるようにしています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です