私の布団が猫のトイレになった日、何とかトイレでして欲しい

自宅で猫を飼うとき、トイレの扱いが中々曲者です。きちんとトイレでしてくれれば良いですが、そうでないときは掃除がものすごく大変です。人間の場合に置き換えて考えてみると、トイレは家に1つで足りるかもしれません。しかし小さい猫の場合は、家というのはものすごい大きく感じるもので「複数のトイレ」が必要になってきます。学校や会社のような広い建物で、トイレが1個となったら我慢できなくなりますよね。

20161024-1

特にしつけをしなくてもトイレをしてくれた

猫によっては、特にトイレのしつけをしなくても、勝手に砂でする子がいるそうです。本能で元々トイレは砂というのが猫の遺伝子で受け継がれているそうですが、実際にそういう子の話を聞きました。

1歳過ぎ雌の雑種猫を飼っています。飼い始めた頃の話ですが、特にトイレを教える「しつけ」をしなくても自然と「砂トイレ」で用を足してくれていました。基本的に猫は、本能でトイレは砂でするのだと分かっているようで普通にしていました。

しかしある日1度だけ、「トイレの掃除をしていなかった」ことがあり、汚れた状態の時がありました。その時は、トイレで用を足すのではなく、私のお布団の上におしっこをしてしまいました。

そのお布団は粗相をされてすぐに洗濯したのですが、なんとなく洗濯だけでは臭いがとれませんでした。猫のおしっこの臭いって強いですよね。

それからというもの、においが付いていたせいか、その場所でするもんだと猫が勘違いしてしまいました。布団自体が彼女の「トイレ場所」になってしまったのです。おしっこされたお布団は捨てたのですが、度々布団で用を足すようになってしまいました。1度や2度ではなく、回数も増えてきて掃除しなかったことは失敗だったと後悔しました。

トイレを多めに増やす

解決策としては、まず単純に「トイレの数」を増やしました。通常1匹の猫の場合、トイレは「2個」が基本なのですが、1つ多めに「3個」用意して様々な場所に置くようにしました。

それには理由があり、常に綺麗な状態にしておくのは理想のトイレ管理です。ですが、出かけていたり、仕事の影響でそうはいきませんのでトイレ自体を増やしました。

猫は綺麗好きな為、汚れたトイレは使ってくれません、人間でも汚れたトイレよりは綺麗なトイレを使いたいですよね。

掃除するときは、砂を一旦出してしっかり水洗いするようにしています。「うんち」や「おしっこ」を片付けるだけでなく、ちゃんと洗うことでトイレトラブルはほとんど無くなりました。

 

どうしても落ちない場合や臭いが取れない時は、上記のような消臭アイテムを使うのも手です。

そしてトイレを置く場所も人通りが少なくて、猫が落ち着いて用を足せる場所に移動させました、それによってトイレ失敗はなくなりました。猫の気持ちを考えると清潔なトイレを複数設置することで、快適にそこでしたいと思わせることが出来るのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です