猫の「目」は夜行性の性質を、最大限生かすために出来ています

猫は暗闇でも動くことが出来、真っ暗な中で活動できる「目」を持っています。獲物が動いていても捕らえられますし、瞳孔を小さくしたり大きくすることで調整しています。

20161204-1

猫の瞳は大きくなったり小さくなったり

猫を見ていると、見る時間帯や場所によって目の瞳の大きさが変わることが分かります。これは暗いところと明るいところで、瞳孔の大きさを調整している為です。

明るい場所では瞳孔は小さくなります、昼間に猫を見ると小さい目でちょっぴり怖いような目をしている事があります。それは小さくすることで光の入る量を少なくしているのです。

では逆に夜、暗い場所では瞳孔は広がります。目が大きくなったように、女性の瞳の大きさのようで可愛く見えます。暗い場所では少しでも見えやすくなるように、瞳孔を大きくして僅かな光でも取り込もうとするのです。

光に対しては人間の数倍の探知能力を持っているため、暗闇でも獲物を見つける事が可能となるわけです。

止まっているものには興味が無い?

猫は動いているものに興味を持ちます。その反面、止まっているものに対しては興味が薄れ反応が鈍くなります。反射神経も鋭いので、優れた動体視力は俊敏な動きを可能にします。

猫の視力は低い

猫は近眼で視力が弱く、0.2程しかありません。これは人間で言うと自動車の運転免許も取れませんし、眼鏡やコンタクトをしないと外に出るのも危ないレベルです。

嗅覚や光の調整によって、少しでも状況を早く探知できるようになっています。猫の目は赤色が見えません。見えないというと語弊がありますが、認識が出来ず黒のように塗りつぶされているといえます。トマトやリンゴを見せると、「なんだこの黒い塊は」となるわけです。

暗闇で猫の目が光る

暗闇で猫の目が「キラーン」と光っていると、少し怖かったりビックリするときがあります。これは猫の目に「タペタム」という反射層があるためです。効率よく光を集めることで、夜でも暗い場所でも動きやすくしているのです。

猫を撮影する時はフラッシュはダメ

可愛い猫を写真に収めようと、カメラを使うことがあります。一眼レフであったり、デジタルカメラや携帯電話・スマートフォン・iphoneであったり、どれで撮影しても構いませんが「フラッシュ」だけは炊いてはいけません。

猫は人間と比べても光を吸収する量が多く、あまりの光量に目を痛めてしまうことがあります。最悪の場合は失明にいたる恐れもあるので、絶対にしてはいけません。

万が一フラッシュをしてしまったら、きちんと見えているか、目で見て判断できるか、目の前で手を動かしたりして簡易的に自宅で判断します。歩くときにぶつかったり体調がおかしいようなら、すぐに動物病院へ行きましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このキーワードに関連するそのほかの記事

前の記事

次の記事

過去1ヶ月で人気の記事20です